忍者ブログ
ADMIN
基本、アルフィーかモンティパイソンの話です
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日入手した「SPLITTING HEIRS」を観ました。
エリック・アイドル脚本出演主題歌総製作指揮の映画です。


一応リック・モラニス主演という事になっていますが、
どうみてもエリックが主演の視点で描かれています。



立派な家柄に生まれていたのに貧乏人の子・ヘンリー(リック)と
赤ん坊時代にすり替えられていた事を知ったトミー(エリック)が
本来の立場を取り戻そうとヘンリー殺害計画を建てるブラックコメディ。

あれこれ手を替えヘンリーの命を狙いますが、
悪運強い彼はなかなか死んでくれません。
そうこうしていると胡散臭い弁護士(ジョン)が思わぬ展開を見せ・・・


ってな感じのストーリー。
結末だけ言うとハッピーエンドです。
全体評価はB級コメディ
映画は気楽に観たいという方にお薦め。
中盤以降から入る細かいギャグが微笑もの。
Nudgeのエリックがジョンに「Say no more!」と言われてました。

大作指向ではありません


日本ではDVDが未発売なので、
エリックのファン以外は買わないと思います。
ジョン・クリース目的の人は取り寄せしなくてもいいでしょう。
出番の数自体は少ないです。



エリック演ずるトミーは目の前の欲に躍起の普通の人って感じ。
お得意のマシンガントークが無ければ
Nudge Nudgeの様な風変わりさも無く、
殺害を企ててはいるものの、コメディなのでブラックさも低いです。

でも共演のリックの身長が低めなので身長差萌えの人には至福かも。
野郎同士でも良ければ・・・ですけど。



パッケージを観て心配したエリックの老化っぷりですが、
本編では左程気にならないので安心しました。
なんで商品の顔にあんな写真を使うんだろうか。



B級好きエリック・ファンなら買い。
正し英語字幕すら付いていないので、英語力が必要です。
もしくは日本版のVHSを頑張って捜して下さい。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
trackback URL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
管理人はこんな人
HN:
とよほん
性別:
非公開
職業:
きままな旅人
趣味:
FMラジオの流し聴き
自己紹介:
地球のへそでブルーオーブを探す旅をしています。
生まれは高見沢氏と同じ埼玉県蕨市
身長・体重・足のサイズ・プライベートで初の海外と全てが桜井氏と同じなのが自慢。
眼鏡フェチなのでご贔屓は坂崎氏です。

パイソンズではマイケル・ペイリンに夢中。
愛くるしい笑顔もさる事ながら、ひっくり返る声と素っ頓狂な台詞回しが愛おしい。
好みの時期は30歳前後。もしリアルタイムだったらと考えると恐ろしくて堪らない程病気な私。
ブログパーツ
ブログパーツ2
ブログ内検索
最新CM
[06/25 とよほん]
[06/25 忍]
[06/25 忍]
[06/24 とよほん]
[06/22 忍]


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]